なりたい仕事のことを知る ナリカタ

なりかたを知る

必要な知識・求められる資質

製作技術に限らない幅広い専門知識、
コミュニケーション力は何より大事な仕事です

製作の知識・技術に限らない幅広い専門知識、コミュニケーション能力が求められる仕事です義肢装具士の仕事は、利用者一人ひとりにあわせてピッタリの義肢・装具をつくること。そのためには、採寸から製作、適合などの知識・技術はもちろん、医学やリハビリテーション、義肢装具を身体の一部としてきちんと機能させるための工学的知識など、製作に限らない幅広い専門知識が必要です。また、医療や技術は日々進化しており、新しい部品や機械なども開発されますので、常に学び続けなければなりません。そのためには、新しいことに対して積極的に向き合う姿勢や探究心も必要といえます。

義肢装具士は、専門の技術をもって製作を行う職人的な面を持っていますが、その中で人と深く関わる仕事ですので、コミュニケーション能力も大切な要素です。製作の過程では、医師や理学療法士、外部メーカーなど様々な専門スタッフと連携することが必要ですし、何より、義肢装具は利用者の身体の一部となるもの。利用者ときちんと意思疎通できなければ、決して最適な義肢装具をつくることはできないのです。見た目や理論上ではどんなに良い構造であっても、それが身体に合っているかどうかは利用者本人にしか分かりません。相手の気持ちを計り、利用者が何を望んでいるかをしっかりキャッチできるコミュニケーション能力、相手に対する心配りがとても大切だといえます。

製作状況や納期によっては労働時間が長くなることもありますし、重たい機械や素材を持ち運びすることもありますので、体力も必要です。 また、利用者一人ひとりの身体に違和感なくフィット(適合)するまで調整を続けるため、義肢の形を人体と合うように整える造形的なセンスや、細かい作業を一つひとつ丁寧に仕上げていく正確性や根気強さも大切です。