なりたい仕事のことを知る ナリカタ

仕事を知る

義肢装具士の仕事

世界に一つのオーダーメイド。
利用者一人ひとりにピッタリの義肢装具をつくる仕事

義肢装具製作の流れ

義肢装具士は、義肢装具を製作するだけでなく、利用者と直接会って装着具合や負荷の具合を測り、義肢装具と身体とをきちんと適合させるまでが一連の業務です。
義肢装具は基本的にオーダーメイドでつくられるもので、医師から義肢装具が処方されると、「採寸・採型」→「組み立て」→「仮合わせ」→「仕上げ」→「最終適合」といった工程で作業が進められます。
この中で、義肢装具士は利用者の身体に直接触れて型をとったり、装着具合を診断・調整していきますが、これは、資格を持った義肢装具士だけができる医療行為です。つまり義肢装具士は、人(利用者)と器械(義肢装具)とのインターフェイスの部分を担っている専門職。製作業のような側面を持ちながらも、あくまで人と触れ合い、利用者の社会復帰を支える、リハビリテーション医療の一員なのです。
なお、最近では、採寸・採型、仮合わせ、適合は義肢装具士が行い、組み立て、仕上げについては製作専門の技術者が行うなど、分業化が進んでいるところもあります。

採寸・採型

採寸・採型が終わると、その型をもとに製作を進めていきます。 手足などの断端部分を納めるカップ状のパーツが「ソケット」、金属のパーツを組み合わせてつくる、人間の"骨格"にあたる部分を「支持部(パイロン)」と言いますが、「ソケット」と「足部」や「手先具」を「支持部(パイロン)」により組みあわせて利用者一人ひとりに合った義肢を製作します。この際、利用者の負担を少なく、最も合理的に体重を支えられるようソケットと「足部、手先具」を連結させる"相対的位置関係"を決定することを「アライメント」と言います。

組み立て

採寸・採型が終わると、その型をもとに製作を進めていきます。 手足などの断端部分を納めるカップ状のパーツが「ソケット」、金属のパーツを組み合わせてつくる、人間の"骨格"にあたる部分を「支持部(パイロン)」と言いますが、「ソケット」と「足部」や「手先具」を「支持部(パイロン)」により組みあわせて利用者一人ひとりに合った義肢を製作します。この際、利用者の負担を少なく、最も合理的に体重を支えられるようソケットと「足部、手先具」を連結させる"相対的位置関係"を決定することを「アライメント」と言います。

仮合わせ

アライメント・組み立てが終了したら、半完成状態の義肢を実際に利用者の身体に装着し、体重のかかり方や圧迫具合などを診断・調整します。
義肢の装着状態や出来が悪いと、装着してもうまく機能できないため、利用者ときちんとコミュニケーションを図り、それぞれが安心して装着できるよう調整・補正を繰り返していきます。

最終適合

義肢装具における「適合」は、義肢・装具と身体とをいかにフィットさせるかの「微調整」を行う作業。特に義肢は、オーダーメイドの靴や服と同じで、一人ひとりの身体にぴったりフィットするよう、身体の形状やサイズ、筋力のはり方をみながら細かな調整を行う必要があります。
例えば、身体と義肢が接触する面積を大きくして一カ所に圧力が集中しないよう調整したり、逆に、骨などの固い部分で圧力を受けて圧力に耐えられるようにしたり、利用者の負担をできるだけ減らし、それぞれが安全に心地よく装着できるよう工夫します。
義肢や装具は、身体機能の補完や代用を担う道具ですが、毎日生活をともにする利用者にとっては、いわば身体の一部。最終適合はその最後の仕上げであるため、細かな調整を丁寧に行う正確性と根気強さが必要とされる、とても繊細な作業です。

TOPICS!

大手の義肢装具製作所では分業化も

大手の製作所では、近年分業化が進みつつあります。義肢装具士の業務は、大きく営業分野と製作分野に分けることができますが、分業制の中では、営業担当が「採寸・採型、仮合わせ、最終適合」を、製作担当が「組み立てや仕上げ」を担い、営業が定期的に病院やリハビリテーションセンターを訪ねてオーダーを受けます。そこで採寸・採型した情報が製作担当者に伝えられ、製作が進んでいきます。
現在、日本では小規模の製作所が大半ですが、このような製作所では、一人の義肢装具士が営業から仕上げまでを担っており、自ら病院やリハリビテーションセンターに出向き、そこで依頼された注文を自分で製作します。採寸・採型と製作を同じ人間が担当し、一連の業務を一貫して行うことで、より精度の高い義肢装具を作ることができますが、分業制をとることで義肢装具士一人ひとりの適正を活かすことができ、より効率的に製作を進められるという利点もあります。

義肢のしくみ

以前の義肢は木製のものが主流でしたが、技術の進化にあわせてパーツや材料も変化しており、現在は、金属などのパーツを組み合わせた「モジュラー義肢」と呼ばれる義肢がほとんどです。
一般的には、まず金属のパーツを組み合わせて"骨格"にあたる部分をつくり、その外側をウレタンフォームなどでカバーします。ここに「ソケット」と呼ばれる、切断した身体を納めるカップ状のパーツを連結させて義肢ができあがります。