なりたい仕事のことを知る ナリカタ

  • ナリカタコラム

海やプールでの監視、指導を通して安全を守る
「ライフセーバー」のナリカタ

「ナリカタ」では、ライフセーバーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、ライフセーバーに関わる様々なことを紹介していきます。ライフセーバーを目指す方はもちろん、スポーツの仕事、人を助ける仕事がしたい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

ライフセーバーとは

海やプールでの監視、パトロールを通じて
事故を防ぎ、安全や人命を守る仕事

ライフセーバーの仕事は、海やプール等の水辺の事故を防ぎ、万が一事故が起こった場合の救助活動を行うこと。
海水浴場での海岸パトロール、見張り台からの監視を通して、事故が起きないように危険の防止や早期発見に努め、遊ぶ人の安全を守ります。また、海やプールでの迷子の保護、海水浴客への海の情報の伝達なども行います。
万が一事故が起こった時は、いち早く救助し、場合によっては人工呼吸や心臓マッサージなどの心肺蘇生も必要になるため、けがや病気への応急手当や救助法についての専門知識、ノウハウ、海や水難事故に関する詳しい知識に加え、体力や高い身体能力も求められます。

ライフセーバーを目指せる学校

主な養成施設