なりたい仕事のことを知る ナリカタ

  • ナリカタコラム
絵を描くことで広がる世界
つながる人が増えるのが楽しい!

CHIAKIさんイラストレーター(株式会社コットンズ)

自分をプロデュースすることが次につながっていくんです

小さい頃から絵を描くことが好きで、将来は絵の仕事をしたいと思っていました。絵の仕事をしていくならアートイラストも商業イラストも両方大事だと思っていたので、商業イラストの勉強をしようと考えて専門学校への進学を決めました。
学校ではパソコンでイラストを描くことを学べたことで、表現の幅が広がったことが大きかったと思います。在学中には「UNIQLO CREATIVE AWARD 2007」を受賞することもできたし、今の職場ではポスターやパンフレットのイラストを描く仕事を手がけています。ライブペイントやアートイベントなどにも参加し、アートイラストと商業イラストの両方で絵を描く仕事ができるなんて最高ですね。
私の場合は、アートイラストと商業イラストの両方を手がけるためか、日々いろいろな人に出会います。同じ業種の方や画家、ミュージシャン、広告代理店の方など、さまざまな人と接することができてとても刺激になります。仕事としてイラストを描くようになって感じたのは、この仕事は絵がうまいのは当然として、どれだけ自分をプロデュースしアピールできるかということです。人と人とのつながりを広げることが次のステージにつながっていくんだと思います。