なりたい仕事のことを知る ナリカタ

アーティストの魅力や価値を引き出す
「アーティストマネージャー」のナリカタ

「ナリカタ」では、アーティストマネージャーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、アーティストマネージャーに関わる様々なことを紹介していきます。アーティストマネージャーを目指す方はもちろん、音楽の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

アーティストマネージャーとは

アーティストの魅力や個性を価値を引き出し、方向性を導いていく

アーティストマネージャーの仕事内容は、現場スタッフとの打ち合わせや交渉、スケジュール管理などきめ細やかな手配を行うだけではなく、アーティストの個性や業界の流れを読んでプロデューサーとしての役割も重要と言えるでしょう。
アーティストマネージャーになるには、サポート役の仕事が得意、表舞台より縁の下の力持ちとして力を発揮できる人が向いていると言えるでしょう。資格は必要ではなく、専門的な知識や経験が必要となりますので、音楽系の専門学校や大学へ進学し、プロダクションへの就職を目指すのが一般的なようです。

アーティストマネージャーを目指せる学校

主な養成施設