なりたい仕事のことを知る ナリカタ

あらゆるシーンにあふれる音楽。人々の記憶に残るサウンドをクリエイトする「作曲家」のナリカタ

ナリカタでは、作曲家にはどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベルなど、作曲家に関する様々な情報を紹介していきます。
自由に音楽を作りたい、テーマに沿って楽曲を提供したい、音楽制作会社に所属して働きたい、など「作曲家のナリカタ」で、あなたの才能を活かせる仕事を見つけてください。

音楽プロデューサーに求められること

作曲家に必要なものは、クライアントやアーティストが求める楽曲イメージを楽曲という形に創り上げるため、依頼者の意図やイメージをしっかり理解するコミュニケーション力が必要です。そして楽曲製作に必要な音楽製作における知識や技術、特に知識はどれだけ多くのジャンルの音楽を聴いたかによって表現の幅が変化する基礎部分なので、努力で補える部分でもあります。そしてイメージする、ということが楽曲製作の一番大切なポイントです。何もないところから自分の頭の中でメロディを生み出すため、あなたの持っているセンスが最大限に発揮できます。そしてパソコンを使っての長時間におよぶ作曲や、レコーディングでの収録など体力も必要になってきます。しかし、一番重要なのは作曲家という仕事に対する情熱です。