なりたい仕事のことを知る ナリカタ

雑誌、パンフレットなどの紙媒体のデザイン表現のプロフェッショナル
「DTPオペレーター」のナリカタ

「ナリカタ」では、DTPオペレーターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、DTPオペレーターに関わる様々なことを紹介していきます。DTPオペレーターを目指す方はもちろん、デザイン関連の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

DTPオペレーターとは

雑誌や書籍、パンフレットなどの印刷物をデザインする仕事

DTPオペレーターは、イラストレーター、フォトショップ、インデザインといったDTPソフトを使用して、雑誌・書籍・パンフレットなどの紙系制作物をレイアウトする仕事です。ディスプレイで表現される色と印刷した時の色、また紙質の違いによる変化など専門スキルも必要になるでしょう。自分が制作したものが、印刷されて手にした時やお客様から求められる要望を表現し、喜んでもらえた時が何よりのやりがいとなります。DTPオペレーターになるには、資格は必要ないですが、DTPソフトの操作ができることが求められますので、専門学校やデザイン関連の専攻のある大学で身につけておくと良いでしょう。

DTPオペレーターを目指せる学校

主な養成施設