なりたい仕事のことを知る ナリカタ

獣医師を補助し、動物の健康を守る
「動物看護士(師)」のナリカタ

ナリカタでは、動物看護士はどんな仕事をするのか、どんな知識や技術が必要なのかなど、動物看護士に関する情報を紹介します。 動物看護士を目指す人はもちろん、動物の命を守る仕事がしたい人、ペットと関わる仕事に興味のある人、とにかく動物が大好きという人は、動物看護士の仕事を知る「動物看護士のナリカタ」で、あなたを活かせる仕事を見つけてください。

動物看護士に求められること

診療や手術補助など、獣医師をサポートするための看護の知識、技術を身につけることが必須です。入院動物の世話や散歩、トリミングも行うので、トレーニングや美容も学ぶとよいでしょう。飼い主と動物、獣医師の間に立ち、それぞれとのコミュニケーションをする役割もありますから、人と話すことが好きということも大切です。もの言わぬ動物の小さな変化も見逃さない観察力、不安を抱える飼い主のケアなど、求められるものが多い仕事です。動物病院では、回復する動物もいれば、「死」という悲しい場面を見ることも多い仕事です。動物が好きなことはもちろんですが、しっかりと目的意識、使命感を持って目指すことが大切です。