なりたい仕事のことを知る ナリカタ

ラジオ番組の企画・構成からスタッフの構成など番組制作の
プロフェッショナル
「ラジオ番組ディレクター」のナリカタ

「ナリカタ」では、ラジオ番組ディレクターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、ラジオ番組ディレクターに関わる様々なことを紹介していきます。ラジオ番組ディレクターを目指す方はもちろん、ラジオの仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

ラジオ番組ディレクターとは

ラジオ番組の企画~制作までのすべての管理を行う
番組制作の指揮官

ラジオ番組ディレクターの仕事内容は、ラジオ番組の制作の企画~スタッフなどの人員構成などの制作の管理をすべて行う仕事です。企画、時間配分、選曲、台本の制作などは一般的に行うことが多く、担当する番組によってはラジオミキサーという音量調整と番組進行を同時に行うこともあります。
ラジオ番組ディレクターになるには、必須の取得資格はありませんが、放送関連のカリキュラムがある専門学校で、ミキサーなどの専門機器の扱い方などについて学び、ラジオ番組制作会社にて就職することがラジオ番組ディレクターへの道のりの近道と言えるでしょう。

ラジオ番組ディレクターを目指せる学校

主な養成施設