なりたい仕事のことを知る ナリカタ

Webサイト上のシステムやサービスを開発する
「Webプログラマー」のナリカタ

ナリカタでは、Webプログラマーにどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベル、どのような仕事かなど、Webプログラマーに関する様々な情報を紹介していきます。

Webプログラマーとは

プログラミング言語を使って、
新たな機能やシステム、サービスを生み出す仕事

私たちが日々目にしているWebサイトの中には、会員登録機能や資料請求フォーム、商品検索やショッピングカートなど、様々な「プログラム機能」「システム」が使われています。
こうしたWebサイト上の様々なシステムやサービスを開発するのが「Webプログラマ」の仕事。
ディレクターやシステムエンジニアが作成した仕様書に沿ってプログラムを記述し、動作テストや検証を繰り返して構築を進めていきます。
PHPやJava、C言語といったプログラミング言語の知識はもちろん、Webサイトを見る人、使う人がどうしたら使いやすいか、アクションを起こしやすいか、といったユーザー視点、常に情報を収集し続けようとする探究心も必要になります。

Webプログラマーを目指せる学校

主な養成施設