なりたい仕事のことを知る ナリカタ

リアルと仮想の世界を融合させる映像のエキスパート
「デジタルVFXクリエイター」のナリカタ

「ナリカタ」では、デジタルVFXクリエイターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、デジタルVFXクリエイターに関わる様々なことを紹介していきます。デジタルVFXクリエイターを目指す方はもちろん、ゲームが好きな方、映画、ゲーム業界の仕事を目指したい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

デジタルVFXクリエイターとは

現実に存在するものと架空の映像を合成して、新しい世界を創り上げる仕事

デジタルVFXクリエイターとは、現実に存在するものと架空の映像を合成して、現実に存在しているように映像を作る仕事です。VFXとは「Visual Effects」の略で(視覚効果)という意味を持っています。CGとVFXの違いとしては、CGは「0からキャラクターを創り上げる」、VFXは「映像を加工して視覚効果を合成する」といったところが一般的に言われています。映画だけではなく、テレビやゲーム、アニメーションといった映像に関わる場などで幅広く活躍しています。
デジタルVFXクリエイターになるには、資格は必要ありませんが、3DCGソフトの操作は必須となります。またソフトの使い方が分かるだけではなく、リアルに存在しているかのように立体的に表現するためのデッサン力や立体造形力をゲーム・デザイン専攻のある専門学校や美術・芸術系の大学で身につけておくことが良いでしょう。

デジタルVFXクリエイターを目指せる学校

主な養成施設