なりたい仕事のことを知る ナリカタ

人の気持ちを動かす言葉のプロフェッショナル
「コピーライター」のナリカタ

「ナリカタ」では、コピーライターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、コピーライターに関わる様々なことを紹介していきます。コピーライターを目指す方はもちろん、文章を書くのが好きという方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

コピーライターとは

主に宣伝目的で使う商品やサービスなどの印象に残る広告を作る仕事

コピーライターとは、クライアントである広告主からの依頼を受け、企業や商品、サービスなどを世の中に伝えるためのキャッチコピーを作る仕事です。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞やインターネット広告など活躍の場はますます広がってきています。
コピーライターになるには、必須の資格はありませんが、就職の採用試験に合格するには発想力などが求められます。また1つのキャッチコピーを考えるのに、何十、何百の案を出すために粘り強く続けること力も必要とされるでしょう。主な就職先は広告代理店、制作プロダクション、有名な人だと独立してフリーランスとして働くこともあります。

コピーライターを目指せる学校

主な養成施設