なりたい仕事のことを知る ナリカタ

こどもたちの心身をケアし、生活と自立をサポートする
「施設保育士」のナリカタ

「ナリカタ」では、施設保育士とはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、またどんなことを勉強するのかなど、施設保育士に関わる様々なことを紹介していきます。 施設保育士を目指す方はもちろん、保育・教育分野の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

施設保育士に求められること

児童福祉施設とは、満18歳以下の児童の生活や自立を支援するための施設です。こどもの保育や生活サポートが主となる施設、障がい児の支援を行うための施設、乳児のケアを行う施設など、それぞれ施設の特性に合わせた専門知識や技術が求められます。また、いずれの施設でもこどもたちを理解していく上でコミュニケーション能力は必須であり、聞く・話す双方の力が求められます。