なりたい仕事のことを知る ナリカタ

観る人を作品に引き込む、音のエキスパート
「MAエンジニア」のナリカタ

「ナリカタ」では、MAエンジニアとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、MAエンジニアに関わる様々なことを紹介していきます。MAエンジニアを目指す方はもちろん、映画、音楽に関する仕事を目指したい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

MAエンジニアとは

映像作品に効果音や音楽、ナレーションなどを付け加え作品を彩る

MAエンジニアとは、MA(Multi Audio)の略称で音の調整や収録作業を行う仕事です。映画、テレビ、CMなどの映像作品に対して、セリフやナレーションまたは効果音などのあらゆる音を合わせていきます。
MAエンジニアの仕事をするには、映像音響処理技術者の資格があると就職の際に有利と言われていますが必須ではありません。音楽系の大学や専門学校で、録音技術・音響工学映像などを学び、テレビ局やラジオ局、映像制作会社などに就職するのが一般的なようです。

MAエンジニアを目指せる学校

主な養成施設