なりたい仕事のことを知る ナリカタ

見る人の心に響く映像作品を創るクリエイター
「映像デザイナー」のナリカタ

「ナリカタ」では、映像デザイナーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、映像デザイナーに関わる様々なことを紹介していきます。映像デザイナーを目指す方はもちろん、CM制作に関わりたい方、映画、ゲーム、テレビ業界の仕事を目指したい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

映像デザイナーとは

デジタルメディアで使う映像作品をデザインし、作り上げる

映像デザイナーとは、映画・テレビ・ゲーム・CMといった場面で流れる映像をデザインし、制作する仕事です。映像デザイナーはクライアントと伝えたいメッセージ、コンテンツなどの企画を考えてシナリオや絵コンテと呼ばれるラフ案を作り方向性を決めていきます。方向性がまとまった段階で、カメラマンとCGデザイナー、映像を編集するオペレーターと各自の作業を分担して制作に取りかかっていきます。発想力のある人や新しい事にチャレンジする精神のある人が向いている仕事と言えるでしょう。
映像デザイナーになるには、資格は必要ありませんが、映像やクリエイターの専攻のある専門学校やメディア学などが学べる大学に進学し、テレビ局や制作会社に就職するのが一般的なようです。

映像デザイナーを目指せる学校

主な養成施設