なりたい仕事のことを知る ナリカタ

作品の世界観をリアルに見せるアーティスト
「特殊メイクアーティスト」のナリカタ

「ナリカタ」では、特殊メイクアーティストとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、特殊メイクに関わる様々なことを紹介していきます。特殊メイクアーティストを目指す方はもちろん、テレビ、舞台や映画の仕事を目指したい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

特殊メイクアーティストとは

空想の世界を特殊素材を使ってリアルに表現する仕事

特殊メイクアーティストとは、テレビ、映画、舞台などで特殊メイクを施して、見た目を大きく変化させたり、架空のキャラクターを作り出す仕事です。
特殊メイクアーティストになるには、特殊メイク専門の専攻がある専門学校で特殊材料の扱い方やデッサンの実習を受けて技術と知識を身につけたり、絵画、造形、美術などの発想力を大学などに通い、身につけることが一般的なようです。アイデアに富んで、モノづくりが好きな人が向いていますが、特殊メイク専門の会社は多くないので、メイクだけでなく特殊造形と呼ばれる造形物の制作も手がけることが多いようです。

特殊メイクアーティストを目指せる学校

主な養成施設