なりたい仕事のことを知る ナリカタ

決められたテーマを文章としてまとめるプロフェッショナル
「ライター」のナリカタ

「ナリカタ」では、ライターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、ライターに関わる様々なことを紹介していきます。ライターを目指す方はもちろん、文章を書くのが好きという方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

ライターとは

依頼されたテーマに基づいて、文章にまとめる執筆者

ライターとは出版社などの企業から依頼を受け、政治・経済、教育、IT、旅行、ファッション、などの幅広い分野のテーマから自分自身の得意な分野で執筆することが多いそうです。出版されるものだけではなくキュレーションメディアなどの流行から、最近ではweb媒体でのニーズが特に高まってきているので、そういった時代の流れを見ることも大切です。
ライターになるには、必須の資格はなく、学生からインターンとしてライターとして働き、卒業後もそのまま就職だったり、編集者として就職してその後ライターとして転身する人などさまざまなケースがあります。文学や芸術、放送などに関するカリキュラムがある専門学校や大学に進学して、さまざまな表現力を身につけることが重要でしょう。

ライターを目指せる学校

主な養成施設