なりたい仕事のことを知る ナリカタ

イベントを成功に導くためのプロフェッショナル
「イベンター」のナリカタ

「ナリカタ」では、イベンターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、イベンターに関わる様々なことを紹介していきます。イベンターを目指す方はもちろん、イベント運営の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

イベンターとは

イベントを成功に導くため、会場や技術スタッフの手配を行う仕事

イベンターの仕事内容は、コンサートを実現するために準備を行う仕事です。会場、舞台制作、音響、照明といった技術スタッフ、チケットや各プレイガイドへの振り分けなどを行います。また安全に配慮してイベントを運営するための警備についても計画書を提出します。また当日の搬入や搬出作業を舞台制作チームと行い、当日のイベント運営をスムーズに行うことも大事な仕事でしょう。
イベンターになるには、必須の取得資格はありませんが、イベント会社でアルバイトとして働いてみて現場を体感することもおすすめします。広告代理店やイベント企画会社では、専門分野のカリキュラムがある専門学校や経営学部、商業学部、社会学部などの文系大学の出身者が多いようです。

イベンターを目指せる学校

主な養成施設