なりたい仕事のことを知る ナリカタ

様々な音楽をつなげる豊富な知識とセンスが求められる
「DJ」のナリカタ

「ナリカタ」では、DJとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、DJに関わる様々なことを紹介していきます。DJを目指す方はもちろん、ラジオの仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

DJとは

レコードを操作して、会場のBGMを担当する仕事

DJとは、「Disc Jockey(ディスクジョッキー)」の略で、レコードを操作して飲食店やクラブなどで選曲し、盛り上げる仕事です。DJと言っても、クラブDJ、フェスDJ、ラジオDJなど活躍場所は多岐に渡ります。ラジオDJとなると、ラジオ番組のMCを担当しながらその中で選曲も担当するような仕事内容になるので、クラブやフェスなどの会場の音楽を担当する仕事とはまた違う技術が必要になるでしょう。
DJになるには、クラブDJやフェスDJになるには、それぞれの店舗での契約やフリーランスでの契約などがありますが、採用試験時に「ミックステープ」と呼ばれるデモテープを提出することが求められるようです。自分で選曲して曲をつなげて作るもので、選曲のセンスや編集の技術をアピールすることが必須となります。ラジオDJになるには、放送系の専門学校などに進学し、ラジオ局への就職を目指すことが一般的と言えるようです。

DJを目指せる学校

主な養成施設