なりたい仕事のことを知る ナリカタ

音楽やアニメ、映画などエンターテイメントとしての
音楽を制作する
「サウンドクリエイター」のナリカタ

「ナリカタ」では、サウンドクリエイターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、サウンドクリエイターに関わる様々なことを紹介していきます。サウンドクリエイターを目指す方はもちろん、音楽の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

サウンドクリエイターとは

クライアントの希望を読み取り、サウンドの制作と管理を行う仕事

サウンドクリエイターとは、ゲーム音楽やアニメ、映画などのサウンドを制作する仕事です。クライアントが求める音の制作ができること、またどんなことを希望しているかを読み解く力のどちらも必要とされています。サウンドクリエイターでは、楽器の演奏能力よりも、DTMやDAWなどのデスクトップミュージックと呼ばれるサウンド制作ができる能力が求められるでしょう。
サウンドクリエイターになるには特に資格は必要ありません。DMの技術を身につけるために音楽系の専門学校へ進学することが一般的なようです。

サウンドクリエイターを目指せる学校

主な養成施設