なりたい仕事のことを知る ナリカタ

システム開発をとりまとめる制作責任者
「アプリケーションエンジニア」のナリカタ

ナリカタでは、アプリケーションエンジニアにどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベル、どのような仕事かなど、アプリケーションエンジニアに関する様々な情報を紹介していきます。

アプリケーションエンジニアとは

システム開発における設計から構築まで
プロジェクト全体をとりまとめる現場責任者

システム開発の現場で、設計から実行までの制作管理、また、開発チームをとりまとめるマネジメントなど、プロジェクト全体を管轄する責任者。
クライアントの要望やディレクターの指示書をもとにプロジェク計画をたて、システム設計においては、開発チームのプログラマーを指揮してアプリケーションを構築していきます。
プログラミング、ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワークなど、システム開発に関わる幅広い専門知識が求められるため、システムエンジニアやプログラマーとしての実務経験を重ねた上でステップアップするケースが一般的です。

アプリケーションエンジニアを目指せる学校

主な養成施設