なりたい仕事のことを知る ナリカタ

デザイン分野の指揮をとる制作リーダー
「アートディレクター」のナリカタ

ナリカタでは、アートディレクターにどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベル、どのような仕事かなど、アートディレクターに関する様々な情報を紹介していきます。

アートディレクターとは

Webサイトやグラフィック等の制作において、
デザイン表現を指揮、統括する責任者

グラフィックデザインや広告、Webサイト制作などの制作現場において、デザイン表現、視覚的表現の分野で全体の指揮をとるリーダー的役割。デザイナーやコピーライター、フォトグラファーといった様々な専門家が集まってプロジェクトを遂行していく中で、アートディレクターが指揮をとり全体をマネジメントすることで、一貫したコンセプトを持って制作を進めることができるのです。
そのため、アートディレクターには、デザインや撮影、広告など幅広い分野の専門知識が求められるほか、たくさんの制作スタッフをまとめるマネジメント力、また、クライアントと制作スタッフの間に立って円滑にプロジェクトを進めるための対応力、コミュニケーション力も必要になります。

アートディレクターを目指せる学校

主な養成施設