なりたい仕事のことを知る ナリカタ

印刷物のレイアウト、デザインをつくる
「DTPデザイナー」のナリカタ

ナリカタでは、DTPデザイナーにどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベル、どのような仕事かなど、DTPデザイナーに関する様々な情報を紹介していきます。

DTPデザイナーとは

雑誌や広告、ポスターなど「印刷物」に関わる
デザイン、入稿データを作成するスペシャリスト

DTPとは「Desk Top Publishing」の略で、デザインや印刷用のデータなどをパソコンを使って行うこと。「DTPデザイナー」とは、こうしたデザインから印刷のための入稿データ作成まで、一連の作業を行う専門デザイナーのことを指します。
制作物は、雑誌や書籍、広告、ポスターやDMなどのセールスプロモーションツールまで、所属する会社やクライアントによって様々。Illustrator、Photoshop、InDesignなどの様々なソフトを使って紙面をデザインします。
ソフトウェアの操作スキルやレイアウト、デザインの知識はもちろん、印刷用のデータを作成するため、DTPや印刷に関する専門知識なども必要になります。

DTPデザイナーを目指せる学校

主な養成施設