なりたい仕事のことを知る ナリカタ

企業の経営に関する課題を解決するスペシャリスト
「ITコンサルタント」のナリカタ

「ナリカタ」では、ITコンサルタントとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、ITコンサルタントに関わる様々なことを紹介していきます。ITコンサルタントを目指す方はもちろん、IT分野、コンピュータ関連の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

ITコンサルタントとは

IT技術を使用して、経営状の問題点や改善点をしっかり把握し、
支援することが基本となる職業です。

ITコンサルタントの役割はコンサルタント、アナリスト、マネージャーの3つに分かれています。それぞれの具体的な仕事内容としてコンサルタントとは、用件をまとめたり整理することが中心の業務になります。アナリストとはITコンサルタントが行うタスクの1つ1つに対して対応を行う役割です。マネージャーは、別名プロジェクトマネージメントオフィスと呼ばれ、プロジェクト全体の進捗や問題点の管理をすることが主な業務となります。ITコンサルタントになるには、資格は必要なく、開発プロセスや設計手法などの工程などのIT知識や経営視点や論理的思考、コミュニケーション能力といったスキルがベースとして重要でしょう。

ITコンサルタントを目指せる学校

主な養成施設