なりたい仕事のことを知る ナリカタ

映像を合成して新しい魅力を引き出す映像表現のプロフェッショナル
「アニメコンポジター」のナリカタ

「ナリカタ」では、アニメコンポジターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、アニメコンポジターに関わる様々なことを紹介していきます。アニメコンポジターを目指す方はもちろん、アニメに関わる仕事がしたいや映像制作に興味がある方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

アニメコンポジターとは

撮影や制作したアニメーション映像などの合成・編集を行う仕事

アニメコンポジターとは、撮影や3DCGで制作した映像など、いくつかの要素を組み合わせて、画像編集ソフトや動画編集ソフトなどを使用して合成して編集する仕事です。合成や編集が主な仕事内容になりますが、全体の構図をバランスを配慮するなどのクリエイティブな感性が必須となりますのでソフトが扱えるだけではなく、演出の意図や素材の扱い方といった幅広い知識などデザイナーと同様に絵に関するセンスを身につける必要があるでしょう。
アニメコンポジターになるには、After EffectsなどのCG制作ソフトで2Dや3Dの素材の合成技術を必須スキルとして求められることが多く、映像やアニメなどのクリエイターを目指すカリキュラムがある専門学校などで技術を習得し、アニメ制作会社や映像制作会社で就職することがアニメコンポジターとして活躍できる近道と言えるでしょう。

アニメコンポジターを目指せる学校

主な養成施設