なりたい仕事のことを知る ナリカタ

国立公園の自然や環境を守る自然保護官
「パークレンジャー」のナリカタ

「ナリカタ」では、パークレンジャーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、パークレンジャーに関わる様々なことを紹介していきます。パークレンジャーを目指す方はもちろん、環境・自然保護の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

パークレンジャーとは

国立公園での自然や環境を保護をするための調査や企画を行う国家公務員

全国の国立公園で自然や環境を保護するために調査などを行う仕事で「自然保護官」とも呼ばれています。環境省の自然保護局で働く技術系の国家公務員であるため、人事院の行う国家公務員試験に合格することで目指すことができます。自然や環境に関する仕事なので、業務内容は幅広く、国立公園での開発に関する許可や公園づくりの地域の調査や計画案の作成、歩道、トイレ、展望台などの施設の整備、ビジターセンター等を拠点にして、自然観察会やクラフトづくりなどのイベントを開催し、環境教育を推進しています。

パークレンジャーを目指せる学校

主な養成施設