なりたい仕事のことを知る ナリカタ

ライブステージ、舞台の現場の総監督
「舞台監督」のナリカタ

「ナリカタ」では、舞台監督とはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、舞台監督に関わる様々なことを紹介していきます。舞台監督を目指す方はもちろん、舞台関係の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

舞台監督とは

ライブステージ、舞台の企画から当日のイベント運営まで行う総監督

舞台監督の仕事内容は、イベントの企画から本番までのスケジュール管理、音響・照明、舞台美術、特殊効果といった各技術スタッフとの打ち合わせを行い、イベントの制作をまとめる仕事です。各仕事の仕事内容も理解していて、技術スタッフの連携がうまく取れるように取りまとめることも重要な仕事と言えるでしょう。
舞台監督になるには、舞台関連の専攻やカリキュラムがある大学や専門学校で演劇や舞台美術、文学の知識を深め、劇団や劇場、制作会社に就職をします。始めは監督助手として、経験を積んでいくか、フリーランスとして仕事を請け負うこともあるようです。

舞台監督を目指せる学校

主な養成施設