なりたい仕事のことを知る ナリカタ

「美味しさ」を提供する、プロの料理人
「料理師(シェフ)」のナリカタ

ナリカタでは、調理師(シェフ)とはどんな仕事をするのか、どのような就職先や活躍の場があるのか、どんな知識や技術が必要なのかなど、調理師(シェフ)に関する情報を紹介します。 調理師(シェフ)を目指す人はもちろん、料理の仕事に興味のある人、レストランやホテルで仕事がしたい人、将来お店を持ちたいという人は、調理師(シェフ)の仕事を知る「調理師(シェフ)のナリカタ」で、あなたを活かせる仕事を見つけてください。

料理師(シェフ)に求められること

調理師(シェフ)に最も求められるのは、お客様を満足させる料理を提供する技術。素材の安全性、盛りつけの美しさ、料理を出すタイミング、魅力的なメニュー作りも求められます。調理師の国家資格を取得すると就職先が広がります。とはいえ、資格取得はスタートライン。調理の仕事は、就職してからも勉強。もっと美味しい料理を作りたいという研究、探求心が求められます。立ち仕事で、重い鍋や材料を持つので体力も必要。一人前の料理人になるには、何年もかかります。しっかりとした目的意識を持ち、仕事を継続していくことが、シェフへの道のりです。