なりたい仕事のことを知る ナリカタ

環境問題に関する専門知識や経験を生かし、人と未来をつなげる
「環境カウンセラー」のナリカタ

「ナリカタ」では、環境カウンセラーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、環境カウンセラーに関わる様々なことを紹介していきます。環境カウンセラーを目指す方はもちろん、環境・自然保護の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

環境カウンセラーとは

企業や学校などの依頼から自然環境保護や組織編成などに関する助言を行う環境保全のスペシャリスト

環境カウンセラーとは、環境保全に関する専門的な知識を元に、市民活動として市民に対して環境講座を開いたり、事業活動などの場面で各種学校や企業に赴き、講師として環境保全に対するアドバイスを行う仕事です。環境省の行う「環境カウンセラー」という民間資格の審査を経て登録された人がなることができます。資格は3年間の登録制度で事業部門と市民部門で分かれているため、部門ごとに活躍する場所が違います。長く生かせる資格として、環境や自然保護に興味関心があれば幅広い年代で活躍できる仕事というのも特徴です。

環境カウンセラーを目指せる学校

主な養成施設