なりたい仕事のことを知る ナリカタ

コンサートや舞台をアーティストを引き立たせるための
光の演出を行う
「照明オペレーター」のナリカタ

「ナリカタ」では、照明オペレーターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、照明オペレーターに関わる様々なことを紹介していきます。照明オペレーターを目指す方はもちろん、音楽の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

照明オペレーターとは

コンサートや舞台をアーティストを引き立たせるための
光の演出を行う仕事

照明オペレーターとは、イベントのプランナーと兼任で行う事が多いのですが、コンサートなどで照明を担当する仕事です。実際にステージを光で演出するメインオペレーターと人物を目立たせるためのピンスポットを担当する2つに分かれることが一般的なようです。
照明オペレーターになるには、必須の取得資格はありませんが、照明や舞台演出などの専攻がある専門学校などで専門スキルを身につけるか、映像や情報表現、芸術系の大学に進学して幅広い分野の表現や色彩感覚について学ぶのも良いでしょう。卒業後は、テレビ局や、番組制作会社、映像制作会社、CM制作会社、照明会社などに照明オペレーターとして就職するのが一般的と言えます。

照明オペレーターを目指せる学校

主な養成施設