なりたい仕事のことを知る ナリカタ

テレビ番組制作を統括する総指揮者
「テレビ番組プロデューサー」のナリカタ

「ナリカタ」では、テレビ番組プロデューサーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、テレビ番組プロデューサーに関わる様々なことを紹介していきます。テレビ番組プロデューサーを目指す方はもちろん、テレビ、映像に関する仕事を目指したい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

テレビ番組プロデューサーとは

テレビ番組を制作の際に、すべての決定権を持つ総指揮者

テレビ番組プロデューサーとは、「制作統括」とも言われ、テレビ番組制作の予算管理、制作全体を統括する職業です。番組の内容といった企画決めから、効率良く制作を進められるようにスタッフの配置なども重要な役割となります。
テレビ番組プロデューサーの仕事をするには、必要な資格は特にありませんが、番組制作会社や制作プロダクションなどに入社後、アシスタントディレクターとディレクターを約10年程度経験することになります。またディレクターは誰でもなれるわけでもなく人脈や業界での経験が重要となるでしょう。

テレビ番組プロデューサーを目指せる学校

主な養成施設