なりたい仕事のことを知る ナリカタ

映像に合わせて話す、声の表現者
「ナレーター」のナリカタ

「ナリカタ」では、ナレーターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、ナレーターに関わる様々なことを紹介していきます。ナレーターを目指す方はもちろん、テレビやラジオの仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

ナレーターとは

テレビやラジオなどのメディアで、視聴者を楽しませる仕事

ナレーターとは、映像に合わせてナレーション(朗読)する仕事です。ただ読むのではなく、映像のスピードに合わせて読むことや、映像で盛り上がるところはナレーションも躍動感をつけながら読むといった表現力が必要になります。放送作家やディレクターが作成した台本で番組の内容などの打ち合わせを行い、リハーサル・本番と実際にナレーションを入れる作業を行います。ナレーターになるには、資格は必要ありません。ナレーターを育成する養成スクールや声優や放送などの専攻がある専門学校などでナレーターとしてのスキルを身につけ、声優事務所やイベント会社などの就職を目指すのが一般的と言えるでしょう。

ナレーターを目指せる学校

主な養成施設