なりたい仕事のことを知る ナリカタ

子どもから大人まで、絵本を使ってメッセージを届ける表現者
「絵本作家」のナリカタ

「ナリカタ」では、絵本作家とはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、絵本作家に関わる様々なことを紹介していきます。絵本作家を目指す方はもちろん、デザイン関連の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

絵本作家とは

絵本の企画、ストーリー、構成、絵を書き、文章を書く仕事です。

絵本作家は、絵本を作る上での絵と文章どちらも書く人のことを一般的に言います。出版社の編集者と打ち合わせをして、絵本の制作の企画が始まります。絵本で伝えたいメッセージを決めて、話全体の構成を考えます。
話全体の構成を考えたら細かくページ構成まで落とし込んでいき、出版社の編集者による進捗状況と原稿をチェックし、添削を受けます。こうして修正を繰り返し、出版社に納品して絵本が完成します。
絵本作家になるには、必須な資格などはありませんが、一般的なデビューまでの道のりとして、出版社に作品を持ち込み、編集者に認めてもらうか絵本のコンクールやコンテストなどで入賞して作家デビューするといった流れが一般的なようです。

絵本作家を目指せる学校

主な養成施設