なりたい仕事のことを知る ナリカタ

映画やドラマの名シーンを作るプロフェッショナル
「シナリオライター・脚本家」のナリカタ

「ナリカタ」では、シナリオライター・脚本家とはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、シナリオライター・脚本家に関わる様々なことを紹介していきます。シナリオライター・脚本家を目指す方はもちろん、文章を書くのが好きという方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

シナリオライター・脚本家とは

映画やテレビ制作の際に使われる脚本(シナリオ)を書く仕事

シナリオライター・脚本家とは小説家と大きく違うところが、シナリオを書くかストーリーを書くかといった違いもあるかと思います。シナリオとは、自分の頭の中で映像化することができるように場面の構成や人の動き、セリフなどを書いたものを指し、ストーリーは物語の流れや筋書きのことを言います。
シナリオライター・脚本家になるには、資格は必要なく、文章力や創造力といった技術の習得も必須ですが、センスや感性を磨いていくことがとても重要と言えるでしょう。映画や放送などの表現に関する専攻やカリキュラムがある専門学校や大学で幅広く学び、放送作家でキャリアを積んだ後、脚本家に転職する人もいるそうです。

シナリオライター・脚本家を目指せる学校

主な養成施設