なりたい仕事のことを知る ナリカタ

アーティストや歌の魅力をダンスで高める仕事
「振付師(コレオグラファー)」のナリカタ

ナリカタでは、振付師にどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベル、どのような仕事かなど、振付師に関する様々な情報を紹介していきます。

振付師(コレオグラファー)

舞台やイベント、テレビなど様々なシーンで
ダンスの振り付けを行い、魅力を高める仕事

振付師(コレオグラファー)は、映画やテレビ、舞台、イベントなどに出演するダンサーや歌手の振り付けをする仕事。アーティストの世界観や歌のイメージ、舞台やイベントのコンセプトにあわせて踊りの動きを考え、出演するダンサーやアーティストに踊り方を指導します。
様々な曲やコンセプトにあわせた最適な振り付けが求められるため、幅広いジャンルのダンス経験、スキルはもちろん、豊かな発想力と指導力、また、世の中の流行や振り付けのヒントをキャッチし、表現するためのアンテナ、探究心も必要になります。

振付師を目指せる学校

主な養成施設