なりたい仕事のことを知る ナリカタ

映画を多くの人に見てもらえるように、アイデアを形にする
「配給」のナリカタ

「ナリカタ」では、配給とはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、配給に関わる様々なことを紹介していきます。配給を目指す方はもちろん、映画に関する仕事を目指したい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

配給とは

映画を多くの人に見てもらえるように、映画を商品として買い付け、観客に届ける仕事

配給とは、制作された映画を映画館で上映されるようにする制作会社と観客の間に立って管理する仕事です。具体的な仕事内容としては、制作された映画を制作会社から買い付けて、映画館に提供し、多くの人に見てもらうためにPR活動を行います。
配給の仕事をするには、大手映画会社の配給部門で働くか、配給会社に就職することが一般的ですが、映画業界は狭き門として有名です。特別有利になる学部やスキルが求められることはないのですが、アルバイトなどから経験を積んで社員へとステップアップする人もいるようです。

配給を目指せる学校

主な養成施設