なりたい仕事のことを知る ナリカタ

ダンスを通して、観客に感動を伝える
「ショーダンサー」のナリカタ

「ナリカタ」では、ショーダンサーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、ショーダンサーに関わる様々なことを紹介していきます。ショーダンサーを目指す方はもちろん、ダンスの仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

ショーダンサーとは

ミュージカル、芝居、パレードなどで観客を惹きつけるダンサー

ショーダンサーとは、ミュージカルやお芝居、テーマパークのパレードなどでも踊るダンサーです。人気のテーマパークになると倍率は非常に高くなっていきますが、審査の流れとしては、書類審査→オーディションを通過したら無事にショーダンサーとなることができます。
ショーダンサーになるために特に資格は必要ありません。ダンサーの素質として必須となる表現力や感性を身につけることが大切になります。ダンススクールに通うのはもちろん、アーティストのバックダンサーを目指すなら有名ダンサーが講師を担当している、芸能事務所とのつながりがある等の専門学校に進学をしてオーディションを受けることがプロのダンサーとして活躍するための近道と言えるでしょう。

ショーダンサーを目指せる学校

主な養成施設