なりたい仕事のことを知る ナリカタ

地域開発と自然に関するエキスパート
「環境アセスメント調査員」のナリカタ

「ナリカタ」では、環境アセスメント調査員とはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、環境アセスメント調査員に関わる様々なことを紹介していきます。環境アセスメント調査員を目指す方はもちろん、環境・自然保護の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

環境アセスメント調査員とは

地域開発と自然保護の観点から総合的に評価する調査員

環境アセスメント調査員とは、道路・鉄道などの地域開発を行う際に、環境へ問題がないかを評価する仕事です。環境、生物、バイオテクノロジーなどの分野を学んだ後、研究所や環境調査会社に勤務し、行政機関や企業からの依頼を受けて活動します。評価する項目としては待機・水・土壌や、開発地域に生息する動物・植物などを調査し最終的に評価する。対象となる事業は国によって定められており、道路・河川・鉄道・廃棄物処分場・住宅市街地など13種類ある。 評価するにあたり適切な情報を収集し分析する力が求められる。調査により開発中止となった場合は、関係者を納得させるために論理的に説得する必要があります。環境アセスメント調査員になるには、国家資格である公害防止管理者などを取得しておくと有利なようです。

環境アセスメント調査員を目指せる学校

主な養成施設