なりたい仕事のことを知る ナリカタ

ダンスの構成と振り付けを決めるダンスの演出家
「ダンスコリオグラファー」のナリカタ

「ナリカタ」では、ダンスコリオグラファーとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、ダンスコリオグラファーに関わる様々なことを紹介していきます。ダンスコリオグラファーを目指す方はもちろん、ダンスの仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

ダンスコリオグラファーとは

ダンサーや歌手に踊りの振り付けをするダンスの総合演出

ダンスコリオグラファーとは、日本では振付師とも呼ばれており、映画やテレビなどのメディアから、舞台、イベント、アーティストのPVなどでダンサーやアーティストに踊りの振り付けをする仕事です。分野はメディアだけではなく、日本舞踊、器械体操や新体操、フィギュアスケートやシンクロなどのスポーツの振り付けなど、幅広く活躍します。
ダンスコリオグラファーになるには特に資格は必要ありません。現役のダンサーやダンサーを引退してコリオグラファーになることが多いので、まずはダンサーを目指します。歌舞伎や器械体操などの特殊な振り付け以外の一般的なダンサーを目指す場合は、専門学校やダンススクールなどで経験を積み、オーディションを受け、プロダクションに所属することを目指します。

ダンスコリオグラファーを目指せる学校

主な養成施設