なりたい仕事のことを知る ナリカタ

ミュージカルの舞台をダンスで盛り上げる
「ミュージカルダンサー」のナリカタ

ナリカタでは、ミュージカルダンサーにどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベル、どのような仕事かなど、ミュージカルダンサーに関する様々な情報を紹介していきます。

ミュージカルダンサーとは

ダンスパフォーマンスによって
ミュージカルの舞台に華をそえるプロダンサー

踊り、歌、演技で構成されるミュージカルの舞台で、ミュージカル俳優の後ろでダンスパフォーマンスを行います。ミュージカルダンスでは、ストリートダンスの様子に加え、バレエやジャズ、民族舞踊など、作品や舞台によって様々なジャンルの表現、テクニックが求められるため、しっかりしたダンススキルや幅広い表現力、演技力が必要になります。
ミュージカルダンサーとして活躍するには、各作品でのオーディションを受けて、公演ごとに契約をする形や、ミュージカル専門の劇団へ入団するといった方法がありますが、まずは、専門学校やスクール等で、ダンスの基礎や幅広いジャンルのテクニック、身体表現を学ぶことが近道と言えます。

ミュージカルダンサーを目指せる学校

主な養成施設