なりたい仕事のことを知る ナリカタ

視聴者に分かりやすく伝えるプロフェッショナル
「レポーター」のナリカタ

「ナリカタ」では、レポーターとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、レポーターに関わる様々なことを紹介していきます。レポーターを目指す方はもちろん、テレビの仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

レポーターとは

テレビなどで、取材の現場を視聴者に分かりやすく伝える仕事

レポーターとは、テレビなどの取材現場からレポートを行う仕事になります。番組の種類によって求められるスキルは異なり、ニュース番組、バラエティを始めテレビ番組にはコンテンツの数が増加してきているため、求められる人材の幅が広がってきているようです。分野は違っても、観察力、分かりやすく伝える言葉選びや、臨機応変に対応できる判断力なども必要でしょう。
レポーターになるには、放送局にどの分野でのレポーターを目指すかに異なりますが、大きく分けて放送局の社員が勤める場合とフリーランスに委託する場合があります。

レポーターを目指せる学校

主な養成施設