なりたい仕事のことを知る ナリカタ

舞台上で自分の世界観を伝えるプロフェッショナル
「演出家」のナリカタ

「ナリカタ」では、演出家とはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、演出家に関わる様々なことを紹介していきます。演出家を目指す方はもちろん、舞台の仕事に興味をお持ちの方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

演出家とは

演技や照明や音響などの舞台演出のプランニングを考える
プロフェッショナル

演出家の仕事内容は、舞台の演出プランを考え、俳優への演技指導や舞台装置の配置、照明や音響などの効果を考える仕事です。作品の印象を決定付ける大変重要なポジションとなります。アイデアや発想力、全体を取りまとめるリーダーシップが求められます。
演出家になるには、芸術的センスを磨くためデザインや音楽、舞台・演劇・舞踏学などの専攻やカリキュラムがある専門学校や大学に進学し、舞台助手、舞台監督などで経験を積んでから、演出家になることが一般的なようです。

演出家を目指せる学校

主な養成施設