なりたい仕事のことを知る ナリカタ

動物との触れ合いで人の心を癒すセラピスト
「アニマルセラピスト」のナリカタ

「ナリカタ」では、アニマルセラピストとはどんな仕事か、どうしたらなれるのか、現場で求められるスキルや資質など、アニマルセラピストに関わる様々なことを紹介していきます。アニマルセラピストを目指す方はもちろん、動物に関わる仕事に興味のある人、とにかく動物が大好きという少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

アニマルセラピストとは

動物と人との架け橋となり、
動物を使ったセラピー療法を行う仕事

動物との触れ合いで人の心を癒すことをアニマルセラピーといいます。アニマルセラピストは、病院や児童施設などに赴き、人々と動物が触れ合うイベントなどを実施します。
また動物の訓練を行い、健康管理もすることでセラピーアニマルに向いているか判断することも大切な仕事になります。またセラピストとして人の心を思いやり、セラピーアニマルと触れ合う人のストレスを軽減したり、笑顔を作る活動を行っていきます。
作業療法学などの知識があると、動物が人を癒す力をより発揮することができます。

アニマルセラピストを目指せる学校

主な養成施設