なりたい仕事のことを知る ナリカタ

踊る楽しさ、ダンスの魅力を伝える
「ダンスインストラクター」のナリカタ

ナリカタでは、ダンスインストラクターにどうしたらなれるのか、どのような活躍の場があるのか、必要な知識や技術のレベル、どのような仕事かなど、ダンスインストラクターに関する様々な情報を紹介していきます。

ダンスインストラクターとは

ダンススクールや学校、スポーツジムなど
様々なシーンでダンスのスキルや楽しさを伝える仕事

プロを育成するダンススクールから、趣味や健康維持のために楽しむスポーツジムまで、様々な場所でダンスを教える仕事。ダンスには、ジャズダンスやバレエ、ストリートダンス、社交ダンスなどいろいろな種類のダンスがあり、それぞれに教室やレッスンスタジオがあるため、自分の得意分野、専門分野でスキルを磨き、経験や実績を積んでインストラクターになるケースが一般的。
インストラクターは、自分自身が踊るスキルとは別に「人に教える」スキルが求められるため、幅広い人にわかりやすく伝えるためのコミュニケーション力や豊かな表現力、忍耐力も必要と言えます。

ダンスインストラクターを目指せる学校

主な養成施設