なりたい仕事のことを知る ナリカタ

メッセージや感性を映像で伝える表現者
「映像作家」のナリカタ

「ナリカタ」では、映像作家とはどんな仕事か、どうしたらなれるのかなど、映像作家に関わる様々なことを紹介していきます。映像作家を目指す方はもちろん、映像や映画の仕事を目指したい方など、少しでも関心のある方のご参考になればと思います。

映像作家とは

映画、ドラマ、デジタルメディア…多様に広がる映像表現を生み出すクリエイター

映像作家とは、CMや映画、テレビ、ドラマ、DVDなどで使用する映像コンテンツを企画・制作する仕事です。映像作家になるには、AD(アシスタントディレクター)として、リサーチ、資料やロケ・機材の準備などの現場を覚える仕事から始まることが多いでしょう。そのディレクターに昇進して演出を企画したり、スタッフに指示を出しながら制作の指揮をとる仕事を担うようになります。
また、資格は必要なく、脚本や演出、撮影・照明・音響・編集などの専門技術を大学や専門学校で学び、テレビ局や映画会社へ就職するのが一般的なようです。しかし技術以上に、最新のトレンドを読む力や、センス、発想力が求められる仕事になります。

映像作家を目指せる学校

主な養成施設