なりたい仕事のことを知る ナリカタ

映画制作の総責任者
「映画プロデューサー」のナリカタ

ナリカタでは、映画プロデューサーにはどうしたらなれるのか、どのような仕事をするのか、必要な知識や技術のレベルなど、映画プロデューサーに関する様々な情報を紹介していきます。映画を作りたい人、映画ビジネスに興味がある人をはじめ、映画業界に興味がある人は、映画プロデューサーという職業を知る「映画プロデューサーのナリカタ」で、あなたにぴったりな仕事、あなたを活かせる仕事を見つけてください。

映画プロデューサーに求められること

映画プロデューサーを目指し、制作スタッフとしての最初の仕事は、出演者やスタッフのケア。制作をスムースに進めるために、多くの人と良いコミュニケーションをとることが必要です。映画の総責任者である映画プロデューサーは、ヒット作を見極める目が重要です。幅広い知識を持ち、様々な情報源となる人々とのネットワークを作り、今現在注目されているもの、流行などを素早くキャッチするセンスも養いましょう。クリエーティブな部分も、ビジネスとしても、映画プロデューサー本人のジャッジで映画が動いていきます。経験を積んで、その力を磨いていきましょう。